入学希望者のみなさまへ


校長

校長
阿部 吉宏

校長あいさつ

「私たちの学校」

私たちの学校は、蔵王の山々を望み、須川を抱く、恵まれた自然環境の中にあります。通学路脇の須川沿岸では、春には桜が咲き誇り、秋には芋煮会が繰り広げられ、冬には鴨たちが集います。校舎・体育館・武道館・グラウンド等の中心施設のほか、近くには野球場・雨天練習場・サッカー場などの屋外施設が整備されています。

私たちの学校は、東海大学の建学の精神を学ぶ目標に、教育活動を展開しています。「人としていかに生きるか」、さらに、「人のためにいかに生きるか」。すなわち、人間力を高める教育に取り組んでいます。

  建学の精神
『若き日に汝の思想を培え』
『若き日に汝の体躯を養え』
『若き日に汝の智能を磨け』
『若き日に汝の希望を星につなげ』


私たちの学校は、本校での学習活動をはじめとして、部活動、生徒会活動、学級活動、学校行事、奉仕活動、社会活動などのさまざまな活動を通して、建学の精神を具現化した、4つの力を身につけた人間に育ってほしいと願っています。

4つの力とは、将来の進路を視野に入れ、日々学習と部活動に精一杯取り組むことにより、柔軟で多様なものの見方・考え方を導き出す「自ら考える力」を育むこと。そして、学校行事や部活動では、自ら積極的に参加することはもとより、他者との違いを柔軟に受け入れ、仲間と協調し、よりよい関係を築く「集い力」を育むこと。さらに、すべての活動において好奇心や技能・体力に限界を設けず、自分の可能性や能力の向上に挑戦する「挑み力」を育むこと。そして、最後まであきらめない、強く逞しい心を持ち、目標に到達するまで努力を持続する「成し遂げ力」を育むことです。すなわち、人間力を高める教育に取り組んでいるのです。

また、教育にとって最も重要なことは、教育者の人間性及び教育に取り組む姿勢にあるとの考えから、「共育」、共に育つ、共に育むという姿勢を大切にして、教育に取り組んでいます。私ども、生徒、保護者、地域、社会の皆さんと、これまでも、そして、これからも、共に歩んでいく私たち学校でありたいと願っています。