施設紹介

雄大な自然を有する蔵王の麓、地域をのどかに潤す須川。
自然あふれる環境が、勉強やスポーツ、そしてその他の活動等、充実したキャンパスライフを送るために最適の環境です。コンピュータをはじめとする最新の設備やさまざまな特別施設が、新しい自分の才能に気づかせてくれることでしょう。
人生の中で、この高校生活がかけがえのない宝物となることを心から願い、応援します。

全教室冷暖房完備 敷地内禁煙

第一体育館
2階のアリーナ、移動観覧席では、入学式・創立記念式典・卒業式等の式典が行われます。
部活動では、男女バレーボール部、男女バドミントン部が日常的に練習に打ち込んでいます。1階は、ピロティーとなっており、雨天時や冬期は、女子陸上競技部やソフトボール部・サッカー部が活用しています。
第二体育館
1階は、アリーナと体育教官室で、主に男女バスケットボール部が練習に活用しています。中2階は、卓球場が設置されていています。
東海ホール
飲料の自動販売機が3台、パンの自動販売機が2台設置されており、休み時間の憩いの場所となっています。長椅子は、総合コースで「自然」科目を選択した生徒による作品です。作品にはさまざまな工夫がされ、ゆったりくつろげるよう設計されています。昼休みにはパンの販売も行われています。
生物・化学室
実験器具のほか、視聴覚機材が充実し、パソコンを使った授業も展開される現代的な実験室です。
マルチメディア教室A・B
コンピュータ44台を設置した教室が2つあり、情報A・総合コース(情報ビジネス・総合デザイン)で活用しています。インターネット・画像動画編集ソフト等が実装されています。東海大学に進学する生徒のみなさんが、課題研究レポートの作成やeラーニングにも活用しています。
メディアセンター
本校のメディアセンターは、図書のほかにパソコンが20台あり、生徒が自由に利用できるようになっています。また、プロジェクターとスクリーンも併設され、授業のほか多目的な利用が可能となっています。
メディアセンター奥の閲覧机はゆったりとくつろげるスペースで、読書や勉強などに多くの生徒に利用されています。
礼法室
礼法室は生徒の礼儀作法を身に付けることを目的に、1982年に開設され、現在は主に茶道部が使っています。建学祭時には、例年、お茶会が開かれ多数の入場者でにぎわいます。
駐輪場
学年ごとにわけられた2階建ての屋根付きの駐輪場が、通用門横に設置されています。
野球場
野球場は両翼97メートル、センター122メートルと甲子園球場と同じサイズとなっています。「一球入魂快打洗心」の看板があり、礼儀を重んじつつ甲子園を目指して汗を流しています。
サッカー場
サッカー場は、校舎から徒歩5分の閑静な住宅街の一画にあります。ナイター施設を完備したサッカー専用グラウンドとなっています。近くの住民の方々からは、選手たちの挨拶の良さが好評です。
室内練習場
室内練習場は縦40メートル、横25メートルで、面積において、山形県内の高等学校で一番広い練習場です。野球部の甲子園初出場を記念して1982年に建てられました。雨天時や冬期間の運動部の練習に使われています。
シンボルゾーン(希望の塔)
新しい正門の付近に、東海大学山形高校のシンボルゾーンが出来ました。シンボルゾーンには「希望の塔」が建ち、「希望を星につなげ」との思いをこめて美しく響く鐘がつけられました。
また、本校の創設者安田三代人氏の石碑には「春蒔秋刈」の言葉によって、創設者の思いが表現されています。本学の「建学の精神」を表現した、「若き日に汝の思想を培え」をはじめとする四つの言葉も蔵王の自然石に刻まれて設置されました。