ニュース

第89回全国高等学校野球選手権山形大会 3回戦進出へ!



第1回戦 東海大山形―小国
【試合短評】
7月13日(金)開会式終了後、13時から開幕戦で東海大山形高校が出場した。
開幕戦で緊張の抜けないまま試合が始まった。1回の表、立ち上がり先発3年・佐藤(真)が、サイドハンドから繰り出す小気味の良い投球で小国打線をわずか9球で抑えた。1回裏の攻撃、2番・池田(2年)のフォアボールをきっかけに3番・韮山(3年)、4番・藤中(3年)、5番・張(3年)の3連打で3点、7番・川中(3年)の2塁打で4点を先取する。2回以降は、一方的な試合展開となり2回に3点、3回に2点、4回に1点とり10-0の5回コールドで勝利する。投げても、佐藤(真)、妹背(3年)、浅井(2年)と3投手の継投で小国打線を1安打に抑え込んだ。

第2回戦 東海大山形―鶴岡東
【試合短評】
第2回戦の相手は、秋季県大会のときに延長再試合で敗れた鶴岡東高校。リベンジの気持ちで望んだ2回戦だが、1回の表、先発2年・仲野が、2アウト2塁で4番打者にセンターオーバーの2塁打を打たれ先制される。1回の裏、1アウトから2番・池田(2年)が出塁。続く3番・韮山(3年)が左中間を破る2塁打ですぐに同点に追いつく。これで動揺した相手投手が、3連続の四死球を出し逆転。続く7番・武田(3年)の犠飛、8番・仲野(2年)のライト前タイムリーで合計4点を取り試合の主導権を握る。7回表に1点を失ったが、すぐ裏に5番・張(3年)のツーランホームランで7-2として流れを引き戻した。9回に2点を失ったものの、継投した赤間(2年)が後続を断ち切りゲームセット。7-4で3回戦進出を決めた。

第3回戦は7月20日(金)、山形県野球場にて長井高校と対戦します。
皆様のご声援お願いします。