ニュース

市民講座 「地名で探る山形の歴史」を開催しました



5月24日(土)に第一回市民講座が本校メディアセンターで行われ、近隣の方を中心に市民の皆さん約40人が参加しました。本校の社会科教師である清野春樹が講師となり、山形市の「百目鬼」や上山市金谷の「カラメキ」の地名由来から説き起こし、古墳時代から行基や円仁が活躍した奈良平安時代の山形地方の歴史について語りました。参加した市民は歴史に高い関心を持つ年配の方が多く、熱心に講師の話に聞き入り、終了後には「歴史のロマンを感じました」等の感想が寄せられました。また、活発な質問もたくさん出て、有意義な講座となりました。