ニュース

第3回SPP授業を開催しました

本校の化学室で11月5日7校時、特進コースの2年3組の生徒を対象にしたサイエンス・パートナーシップ・プロジェクト、SPPの最後の授業が実施されました。講師は第1回目に指導してくださった山形大学理学部教授の加藤良清先生で、初めにうがい薬の「イソジン」を使った電池を演示して電池の構造について復習しました。その後、前回の実験の検証と今回のテーマのまとめをしていただきました。最後に未来の電池などを紹介していただき、化学と私たちの生活が大変密着していることを話されました。今回は計3回のSPPの学習でしたが、大変意義深い授業でした。