ニュース

第9回 市民講座を開催しました

11月15日(土)に本校のマルチメディア室で、第9回市民講座、心血管病の予防 ~メタボリック症候群から考える~を開催しました。

今回の市民講座は、東北中央病院循環器科部長の金谷透先生を講師にお迎えし、「心血管病の予防~メタボリック症候群から考える~」と題して講演していただきました。

最近よく耳にする「メタボ」とは、肥満という意味ではなく、さまざまな代謝が異常を起こす状態なのだとか。クルマの燃費が年々悪くなるのと同じだという説明に聴講者も大いに納得。また、塩分摂取量が多い秋田・山形は脳卒中の多さでも全国1、2を争うとお聞きし、自分の食生活を反省する一方、それ以上に子どもたちの方が危ないとのことで、食育についても大いに考えさせられました。

ときには日本の医療制度の問題点を鋭く指摘しながらも、ユーモアを交えた語り口で、あっという間の90分でした。一般市民の聴衆を含めて30名の参加者でした。