ニュース

市民講座「世界最速ソーラーカーの性能」を開催します

東海大学山形高校では、広く一般・地域の皆さまに向けた公開講座を開催しています。
2010年度第1回は、下記の要領で開催します。皆様ぜひお越しください。

第1回市民講座「世界最速ソーラーカーの性能」
木村 英樹
 東海大学チャレンジセンター次長 工学部電気電子工学科教授

 5月29日(土)9:30~11:30
 東海大学山形高等学校 第一体育館

*プロフィール
1964年生まれ。東京都出身。東海大学大学院工学科電子工学専攻博士課程後期修了。1998年応用物理学会講演奨励賞受賞。専門領域のエネルギー変換技術の研究に取り組む一方、東海大学チャレンジセンター次長としてプロジェクト活動を通した社会的実践力を身につけさせる教育を推進する。著書に『エコ電気自動車の仕組みと製作』(日本太陽エネルギー学会編、オーム社)他。

*講演内容
オーストラリア大陸縦断ソーラーカーレースは、石油枯渇や地球温暖化の問題を解決することを目的として始まりました。2009年10月、高性能な太陽電池を搭載した新型ソーラーカー「Tokai Challenger」は、最先端技術を結集した究極の環境自動車として登場し、グローバル・グリーン・チャレンジ大会で総合優勝する快挙を成し遂げました。本講演では、最新のソーラーカーにつぎ込まれた技術や3,000kmを走破したときの模様について紹介します。

【お申し込み】
お電話でお申し込みください。
【受講料】 無料
【TEL】 023-688-3022
【FAX】 023-688-3023

■お問い合わせ先
東海大学山形高等学校
TEL:023-688-3022
FAX:023-688-3023