ニュース

市民講座  現代文明論の開講について

本校が所在する地域の方々を始め、一般市民・中高校生・保護者の皆様を対象に、以下の日程で市民講座「現代文明論」を開催します。

市民講座 現代文明論
第1回 6月11日(土)
9:30~11:00
終了しました
町づくり人づくり~学校と人づくり~
会場:東海大学山形高等学校 2階メディアセンター
人は何処で、どうして、何を知識や意見として「自分のもの」にして、「他人のもの」との「つきあわせ」をしているのでしょうか。
「知見」は人を救えるのでしょうか。そして「人の知見」は人を救えるのでしょうか。山岳地帯の町からみた『学校と人』との「かかわり」について、少し語らせて頂きたいと思います。
渡邉 兵呉 渡邉 兵吾先生  大江町長

1945年大江町生まれ。北海道大学文学部英米文学科卒業。1975年一橋商業高等学校(現在の東海大学山形高等学校)教諭として勤務。1992年より本校教頭を務め、2001年退職。大江町教育委員会教育長に就任。2008年からは私立高校教員出身の町長として活躍している。

第2回 7月2日(土)
15:00~17:00
終了しました
身の周りの「ユニバーサルデザイン」
会場:山形国際ホテル
「ユニバーサルデザイン」とは、年齢、性別、国籍、身体的な能力などに係わりなく、より多様な人々が、できるだけ支障なく使えるように、道具や建物、まち、サービスなど様々なものをデザインしようとする考え方です。
この講演では、身の回りの事例から、ユニバーサルデザインへの理解を深め、さまざまな分野での取り組みが促進される必要性について考えます。
林 拓見 林 拓見先生 東海大学芸術工学部長・教授
※東海大学山形県白鴎会、東海大学同窓会山形支部との合同企画です。

1950年福井県出身。京都工芸繊維大学工学部卒。専門は工業デザイン。1975年より日産ディーゼル工業に勤務し、設計部門で活躍。1986年より北海道東海大学(2008年より東海大学に統合)芸術工学部にて教鞭をとり、2009年より学部長を務める。
【研究業績】
「コンクリート構造物の非破壊検査装置・コンクリートテスター(CTS-02)」(2005年)、「足元小型暖房機・キャパドゥ」(2008年)、「SNOW FALL」(札幌芸術の森美術館・2009年)
【受賞】
HOKKAIDO GOOD DESIGHN COMPETITION 2005 一般部門 同賞(2005年)、第3回ものづくり日本大賞 経済産業大臣 特別賞(2009年)
【主要著書・論文】
「ユーザビティ評価・適用研究『札幌ITカロッツェリアと知的クラスター創生事業』報告」(2005年)、「積雪による冬季屋外造形物/豊かなくらしをデザインする」(2006年)、「デザイン導入事例報告」(2006年)

第3回 8月3日(水)
10:00~
終了しました
おもしろサイエンスin TOKAI
夏休みは東海で不思議な科学体験!

会場:東海大学山形高等学校 理科実験室
今年で5回目になる「おもしろサイエンスIn TOKAI」、今年も面白い実験を用意してお待ちしています。夏休みの一時を東海大学山形高校の3回理科室で自然の不思議な現象を体験してみませんか?
理科教育研究委員会 東海大学山形高等学校 理科教育研究委員会
■鏡 隆一■片桐 正弘■桜井 孝司
■坂本 雅則 ■今井 大智■荒井 久宣

地域の中学生や小学生に夏休みの期間を利用して2007年より多くの実験や物作り企画を実施し、理科教育の振興・充実を図っている。

第4回 9月17日(土)
10:00~
終了しました
「日本国憲法」誕生当時の山形-新時代を迎えた喜び-
会場:東海大学山形高等学校 2階メディアセンター
現代日本は、1945年の敗戦という事実から始まりました。当時の人々は、将来への不安や社会混乱が渦巻く中で、夢と希望を持ち、新しい取り決めやしくみを一つひとつ作りあげました。「日本国憲法」もその一つです。新時代の到来を肌で感じ始めた当時の人々の喜びはどのようなものであったのか、当時の山形はどんな姿だったのか、一緒に訪ねてみたいと思います。
山内 励 山内 励先生 東海大学山形高等学校 校長

1975年、本校に勤務。山形大学人文学部卒業。研究領域は日本近世・近代史。「山形県史」のほか山形市・村山市・西川町・山辺町・朝日町等の自治体史や「図説村山の歴史」等の共著、村落史・行政史等の論文多数。現在、山形県地域史研究協議会常任理事・東北史学会評議員・山形市郷土館運営協議会委員等。

第5回 10月8日(土)
10:30~12:00
終了しました
くらしを守る ~東日本大震災の経験から~
会場:東海大学山形高等学校 2階メディアセンター
東日本大震災は、自然の猛威に対して人間がいかに無力であるかを知らしめました。残念ながら科学はこの巨大地震を予知できませんでした。また、福島第一原発事故では、多くの国民が政府の発表やマスコミ報道を疑ってみるようになったのではないでしょうか。今回は大震災の経験から見直す自然と人間との関わり合いについてと、くらしを守るために必要な情報を読み解く力について、一緒に考えてみたいと思います。
織原 義昭 織原 義明先生 東海大学地震予知研究センター特任研究員

1965年栃木県足利市生まれ。1989年山形大学理学部地球科学科卒業。一般企業を経て、1996年科学技術庁主導による地震予知研究プログラムに参加、理化学研究所研究員。2008年から東海大学地震予知研究センター特任研究員。2011年東京学芸大学個人研究員。2008年には「山形で大地震発生」の噂を調査し、その結果は2009年5月30日の山形新聞で紹介。理学博士。

第6回 10月22日(土)
10:00~11:30
終了しました
パソコン教室1 ~Excel2010にチャレンジ!!~
会場:東海大学山形高等学校 1階メディアセンター
この講座は、蔵王第一学区青少年健全育成連絡協議会の事業に協力して開催され、今回で8年目を迎えます。今回は、表計算ソフト「Excel2010」の基本操作から応用操作までをマスターできるように実施します。普段、コンピューター操作が苦手な方でも楽しく学べる講座です。お気軽にご参加ください。
情報管理室 東海大学山形高等学校 情報管理室

本校の教員が中心となって、今回の講座を担当します。

第7回 11月26日(土)
10:00~
終了しました
パソコン教室2 ~Word2010で年賀状にチャレンジ!!~
会場:東海大学山形高等学校 1階メディアセンター
この講座では、ワープロソフト「Word2010」を使用して年賀状を作成します。お気に入りの写真を入れたオリジナルの年賀状を作ってみませんか。参加される方は、写真を2・3枚ご用意ください。デジタルデータ、もしくは写真いずれでも大丈夫です。
情報管理室 東海大学山形高等学校 情報管理室

本校の教員が中心となって、今回の講座を担当します。

第8回 12月18日(日)
13:30~
終了しました
クリスマスコンサート
会場:東海大学山形高等学校 第一体育館
本校吹奏楽部では5回目になるクリスマスコンサートを開催いたします。この演奏会は地域の文化的交流を図ることが目的で、近隣の中学校吹奏楽部との共演により、数あるクリスマスの名曲の中からおなじみの曲を合同演奏いたします。街の中はクリスマス一色に飾られているなか、本校体育館においてほっと暖かくなるような演奏会にしたいと思います。
東海大学山形高等学校 吹奏楽部 東海大学山形高等学校 吹奏楽部
地元中学校


全日本吹奏楽コンクール山形県大会では11回金賞を受賞し、今年は7度目の東北大会出場で銅賞を受賞した。これまでに日本管楽合奏コンテスト全国大会に2回、全日本高等学校吹奏楽大会in横浜に2回出場している。2月に地域の小学校への訪問指導、5月のスプリングコンサート、6月の定期演奏会、7・8月の吹奏楽コンクールをはじめ、福祉施設への慰問演奏や地域の文化祭などに参加している。「人に感動を伝えられるような東海サウンド」を目指し日々努力している。

 
お申し込み   開催日の1週間前までに下記お申し込みフォームまたは、EメールかFAX・お電話でお申し込みください。ご希望の回のみでもお申し込みができます。
受 講 料   無料
Eメールアドレス   kenkyu@ymgt-tokai.ed.jp
TEL   023-688-3022
F A X   023-688-3023
※会場・時間は講座によって変更することがあります。
PDF告知チラシ   第4~6回:ダウンロード [PDF:1.48MB]
第5~8回:ダウンロード [PDF:1.26MB]

■お問い合わせ先
東海大学山形高等学校
TEL   023-688-3022
F A X   023-688-3023