ニュース

修学旅行レポート


沖縄
11月17日(木)

沖縄5日目

最後の見学地首里城公園

ホテルから15分程度の移動で首里城公園に到着。守礼の門から正殿へと進み、写真撮影をしました。
首里城正殿は1992年に復元されたものですが、鮮やかな朱色が写真に映えています。
世界遺産に登録されている遺城も見ることができました。
那覇空港に移動します。沖縄滞在もあとわずかです。


東京駅到着山形へ

那覇からの機内は、ほとんどの生徒が睡眠タイムでした。
山形駅では解散式ができませんので、東京駅に到着してから簡単なミーティングを行いました。そして5日間お世話をしてくださった添乗員さんにお礼の言葉を述べました。
新幹線ホームに移動して「つばさ」に乗車します。山形駅着は19:55の予定です。


広島・関西
11月17日(木)

広島・関西4日目

最終日の日程は防災学習です。三泊した大阪のホテル阪神を後にし、神戸の「人と防災未来センター」を訪れました。阪神淡路大震災の記憶を伝え、教訓を学び取るために建てられた施設で、本校の他にもたくさんの修学旅行生が来場していました。
震災体験講話の講師、荒井勣(あらいいさお)さんは、震災以降ボランティア活動で活躍されている方です。中古車販売を営んでいた震災当時、進んで水を被災者に届け、自作のシャワートラック「ひまわり温泉」を各地に運行したそうです。ボランティアとは一言で言えば「おせっかい」のことだが、人に特に喜んでもらえるのは先行型のおせっかいだと話されていました。その後、NPO法人「ひまわりの夢企画」を立ち上げ、中越地震や、東日本大震災でも独自の活動をされています。
荒井さんのお話やセンターの展示を通し、3.11後の東北を生きる私達にとって大切な教訓を学ぶことができました。


「人と防災未来センター」をあとにした一行は神戸の中華街、南京町のお店にて飲茶の昼食となりました。異国情緒あふれるこの街が修学旅行の最後の訪問地となりました。2時には新神戸から新幹線に乗って帰途につきました。東京では沖縄コースと同じ「つばさ」に乗る予定です。




沖縄
11月16日(水)

沖縄4日目

美ら海水族館へ

美ら海水族館がある沖縄海洋博公園に着きました。
午前中は、この公園内でバディごとの自主研修になります。
水族館を中心にイルカのオキちゃんショーを楽しむようです!
やはり、「黒潮の海」大水槽は圧巻の一言。マンタやジンベイザメの迫力が伝わってきます。
行程も後半に入り、お土産の購入にも余念がありません。




那覇市内へ戻ります

みんなで11時からのオキちゃんショーを見て、海洋博公園の見学を終えました。
今は昼食をとって、那覇市内へ移動中です。昨日までの疲労があるのか、みんな休憩中ですね。14:30頃にはホテルに到着し、荷物を部屋に入れたら、班ごとの国際通り自主研修をスタートします。


国際通り自主研修、沖縄最後の夜

この4日間で一番の元気かもしれない!勢いよく自主研修に出発していきました。全長1.6キロの通りにたくさんのお土産屋さんが並んでいますが、両手に紙袋を下げて戻ってきていましたので、満足のいく買い物ができたのではないでしょうか。
この旅行最後の夕食はステーキレストランでの外食です。たっぷりのボリュームにびっくりしましたが、何よりも目の前の鉄板で繰り広げられる調理パフォーマンスに喝采でした。
明日の出発にむけて、荷物の整理をして就寝します。


広島・関西
11月16日(水)

広島・関西4日目

広島関西コースは今日も晴天にめぐまれました。四日目の行程は終日、班別の京都自主研修です。
朝、大阪のホテルから京都に向い、二条城に到着。国宝の二の丸御殿を、うぐいす貼りの廊下を軋ませながら拝観し、その後解散となりました。
各班ともそれぞれが立てた計画に従って、京都市内の名所を巡ります。また各班とも体験学習を予定に組んでおり、古都の文化に触れることになっています。写真は八ッ橋手焼き体験と和菓子作り体験の様子です。
生徒たちは午後6時までに大阪のホテルに電車等を使って帰ってくる予定です。


広島・関西
11月15日(火)

広島・関西3日目

広島関西コース三日目は奈良での世界遺産めぐりとなりました。
薬師寺は東塔の解体修復が始まる直前で、足場の基礎工事が進んでいました。お坊さんのユーモアあふれるお話に引き込まれながら、薬師寺の伽藍や仏像の基礎知識を学ぶことができました。
続いて奈良公園では東大寺の大仏殿と大仏の大きさに圧倒されながら、二月堂、三月堂、四月堂をまわり、春日大社を見学しました。




三日目の午後はユニバーサルスタジオジャパン(USJ)での研修となりました。
一日目から歩き通しでバスの中でぐったりしていた諸君も、USJが近づくにつれ、テンションがあがりました。旅行の中で生徒たちももっとも楽しみにしていた企画のようです。園内には関西一といわれる巨大クリスマスツリーがあり、夜には美しく点灯しました。
生徒たちは思い思いにアトラクションやショッピングを楽しみ思い出を作ることができました。




沖縄
11月15日(火)

沖縄3日目

渡嘉敷島へ高速船出発します

エメラルドグリーンの海を待ち望んで今朝を迎えましたが、ちょっと残念…くもり空です。
しかし、予定通りに高速船が出航するということで、無事に乗船を済ませました。約30分で渡嘉敷島に到着予定です。
「今日は波が高いよ~」と船員さん。船酔いがちょっと心配です。


奇跡の青空!

今日一日、くもりを覚悟していたのですが、午後から一気に青空が広がってきました。
ダイビング・シュノーケル・ジェットスキーなどのマリンスポーツ体験は最高の充実度です。
気温も上がってきて、ビーチでのフリータイムでもめちゃくちゃ満喫している様子が見られます。
マリンスポーツを行わない生徒は海岸で珊瑚や貝殻を集めてオリジナルのフォトフレームを作りました。


広島・関西
11月14日(月)

広島・関西2日目

修学旅行二日目の広島関西コースは、広島平和記念公園で平和学習を行いました。
原爆ドームや様々な慰霊碑をめぐり、「原爆の子の像」の前で平和セレモニーを行いました。セレモニーでは平和宣言文が読まれ、献花と千羽鶴奉納、続いて、黙祷が捧げられました。
資料館のホールでは被爆者体験講話があり、講師の葉佐井博巳さんに当時の広島の様子と核兵器の恐ろしさについてお話いただきました。葉佐井先生は広島大学で原子物理学を研究された専門家でもあり、悲惨な体験談とともに、核と向き合って人生を歩まれた方ならではのメッセージが熱く語られ、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。


広島関西コースは2時半に京都駅に到着、金閣寺を見学しました。広島も京都も天気がよく、金閣寺も午後の光に照らされ美しく輝き、生徒たちも感嘆の声をあげていました。


金閣寺をあとにした広島関西コースは、清水寺に向かいました。
参道途中の豆腐料亭にて京料理を満喫、清水坂の土産物屋街を横目に見ながら、清水寺の夜間拝観を行いました。
ライトアップされた舞台造の本殿やそのほかの伽藍は幻想的な雰囲気に包まれ、みなデジカメの操作に苦心しながら思い出をメモリーに焼き付けようとしていました。舞台の下の音羽の滝では、滴り落ちる三本の滝にヒシャクを伸ばして飲みながら、長生きや恋愛成就、頭が良くなるようにと願いをかけていました。
今晩は大阪のホテルに宿泊し、明日は奈良での研修とUSJに向かいます。


沖縄
11月14日(月)

沖縄2日目

那覇市内は雨…

沖縄2日目は雨の朝を迎えました。
各号車に平和ガイドさんをお招きして、白梅の塔・山形の塔・平和祈念公園・ひめゆりの塔・糸数壕の行程で平和学習と慰霊を行います。
2号車のガイド松永さんは冒頭で「山形から平和の光を持って沖縄に来たという思いで、時間を過ごしてください」とおっしゃいました。107名の平和の光を沖縄に置いていけるように、そのような1日にしていきたいです。


白梅の塔、山形の塔

小雨が降るなかでしたが、山形の塔では慰霊のセレモニーを行いました。
その中の平和宣言では御霊の平安を祈り、平和な世界にするための努力を誓いました。更には千羽鶴と花束を奉納し、全員で黙祷をしました。


平和祈念公園、ひめゆりの塔

平和祈念公園に着く頃には雨も止み、涼しい風が吹き抜けます。
資料館を見学後、バス号車ごとの集合写真を撮りました。その後、平和の礎、摩文仁の丘へと平和ガイドさんに案内をしていただきました。
ひめゆりの塔では千羽鶴奉納の後、黙祷を捧げました。資料館内の展示品はどれもが戦地の悲惨さを強烈に印象付けるものでした。




ガマ体験、ものつくり体験

最後の平和学習は糸数壕でのガマ体験です。ヘルメット、長袖長ズボン、軍手の格好に懐中電灯を持って入壕。
急勾配の入口に驚き、中に入れば足場が悪く、しかも真っ暗。懐中電灯で照らさないと前に進むことができません。
平和ガイドさんの話を聞きながら歩みを進めることで、当時の野戦病院の様子を回想する事ができました。
おきなわワールドでは、ものつくり体験に挑戦!機織りストラップ・手作りシーサー・勾玉作りの3種から希望のものを選びました。




広島・関西
11月13日(日)

広島・関西1日目

広島関西コースは午後2時に広島に到着、フェリーで宮島にわたり、最初の目的地である厳島神社の参拝を果たしました。
フェリーを下りると鹿が出迎え、世界遺産の本殿で、それぞれ必勝祈願、合格祈願、縁結び祈願などなど、神頼みしました。
明日は、平和公園で平和学習を行い、京都に移動する予定です。




沖縄
11月13日(日)

沖縄1日目

まもなく山形駅を出発します

沖縄コース107名、全員揃って新幹線への乗車を完了しました。
7:04山形駅を発って、9:50に東京駅到着予定です。移動時間が長くて大変ですが、那覇空港には15:25に到着します。
1・2日目は平和学習の行程。今日は「旧海軍指令部壕」を見学します。


羽田空港離陸します

もうすぐ羽田空港離陸します。機内で昼食の弁当をとりながら移動します。
沖縄の天気は晴れ、最高気温は27度の予報です。


沖縄到着旧海軍司令部壕へ

1日目、唯一の見学地になります。
慰霊塔、資料館を見た後、壕に入りました。壕内は薄暗い上に、とても蒸し暑かったです。
今からホテルに入ります。


大西さんを迎えて平和講話

那覇市内のホテルに入り、美味しい夕食を済ませました。
その後、講師に大西正子さんを招いて、沖縄戦における実体験から平和の願いまで私たちの心に染みるお話をしていただきました。
当時、小学生だった大西さんは、戦争で13人の家族を失い、自らも体に傷を負いました。

「沖縄には、まだ戦争が終わっていないと思っている人がたくさんいる」
「不発弾がすべて取り除かれない限りは沖縄戦は終わらない」
「命を大事に、世界中の人と仲良くしてほしい」

大西さんの言葉を噛み締めて、明日の平和学習に臨みたいと思います。