ニュース

建学祭一日目(オープニングセレモニー)が終了し、建学祭が開幕しました

8月31日(金)・9月1日(土)の二日間にわたって開催される建学祭が開幕しました。
一日目の8月31日(金)はオープニングセレモニーが行われ、全校生徒で楽しみました。

吹奏楽部ミニコンサート
先日行われた東北大会にも参加した実力を惜しみなく披露してくれました。「Mr.インクレディブル」、「空も飛べるはず(スピッツ)」「宝島」の三曲を演奏。アンコールでは、パワーアップした「ディープパープルメドレー」の圧巻の演奏に、会場全体が盛り上がりました。

保健委員会調査報告
4月の市民講座で講演いただいた小澤治夫先生の話と、今年度の身体計測で行ったヘモグロビン値調査のデータをもとに、生活習慣についての全校生に実施したアンケートの分析結果をパワーポイントでまとめて発表しました。2日目の一般公開日では礼法室にてヘモグロビン値の測定ができます。

生徒会メイン企画エコキャップ運動報告
ここ数年、本校生徒会がメイン企画として継続活動しているエコキャップ運動の意義と、どのような経過でキャップ800個がポリオワクチン1本と交換になるかの仕組みの説明、今年度の上半期の回収数が20000個を超えて、上半期の目標をクリアしたことの発表を行いました。

東日本大震災被災地の現在報告と生徒会からのボランティア提案
昨年度に引き続き、山形ボランティア隊の本田光太郎さんをお招きし、被災地の現在を豊富な経験と写真を用いて全校生徒に伝えていただきました。昨年度から死者数が200人増えているが、それは1年経って身元が確認できたのが200人しかいないということと同義であること。同じ日本でも被災地から離れた地域ですでに過去のことと認識され、忘れ去られていることなどショッキングな内容に、会場が静まり返りました。
そこで、本校生徒会は昨年度(計7回出動、総勢204人参加、162,743円募金)に引き続き、今年度も生徒会企画スクールバスによる被災地ボランティアを定期的に行うことが提案されました。今後の予定は9月30日(日)に生徒会執行部が被災地に訪れ、必要な作業を現地調査し、10月から月2回のペースで行う予定も発表されました。

クラスムービー
TOKAI建学祭の定番企画になりました。各クラスが様々な趣向を凝らして2分間のショートムービーを完成させました。2日目のクロージングセレモニーで審査結果発表があります。さて、学校賞はどのクラスになるか楽しみです。

EAST BLUE(メイン企画:演芸大会)
本校の芸達者な面々が、ステージ上でパフォーマンスを繰り広げました。コンビでのショートコントあり、しっとり聞かせる歌い手あり、グループでのダンスありと全校生で盛り上がりました。圧巻は、建学祭実行委員長である高橋美郷さんのソロでのダンス。全校生徒が酔いしれました。

9月1日(土)は一般公開日になります。校舎全体で様々な企画が用意してあります。