ニュース

第56回創立記念式典を挙行いたしました

10月2日(火)に創立記念式典を挙行しました。

吉村和文理事長の式辞では、本校の沿革をたどり、第3次野田内閣、田中慶秋法務大臣を紹介され、東海大学の歴史に誇りをもって生活してほしいと話されました。また、全校生徒に2つのお願いが提示されました。

(1)過去、歴史を振り返って、現在、自分が存在していることに感謝してほしい。
(2)未来の自分に、自分の将来像をイメージして誓ってほしい。

山内励校長のあいさつでは、創立記念にあたって「従来にはない若者が学ぶ場を作り上げていきたい。」と今後の学校つくりへの意欲を示すと同時に、「世の中に対する不安感から心が折れてしまいそうですが、こんな時代だからこそ求められているたくましい人間力を身につけてほしい。」と全校生徒に呼びかけました。

続いて永年勤続者の表彰が行われ、40年勤続1名、30年勤続2名、20年勤続4名の合計7名の教職員が表彰を受けました。

式典終了後は、全校で感動を共有することを目的として映画「時をかける少女」を鑑賞しました。生徒は等身大目線のストーリーに共感したようで、食い入るように鑑賞していました。