ニュース

日本ジュニア・ユース陸上競技選手権大会で本校陸上部の木伏雄太郎選手優勝

10月19日(金)~21日(日)に愛知県名古屋市の瑞穂公園陸上競技場で日本ジュニア・ユース陸上競技選手権大会が実施されました。大会2日目の男子800mで本校の木伏雄太郎選手が優勝し、先般行われた国体3位を上回る結果を残しました。優勝タイムは1分53秒23と自己ベストではありませんでしたが、粘りの走りでラスト150m付近からスパートし、ゴール前80mでトップに飛び出す堂々たる走りを見せました。初の日本タイトルであり、来年度に向けて大きな自信を得る素晴らしいレースでした。応援していただいた皆さんありがとうございました。

この大会は標準記録突破が条件であり、一昨年前から数名の選手が出場。昨年は海谷椋太選手と木伏雄太郎選手が出場し、海谷選手が3位、木伏選手が5位に入賞しています。今大会は、ジュニアに海谷選手、ユースに木伏選手と佐藤優樹選手の3名が出場しました。海谷選手と佐藤選手は残念ながら予選で敗退したが、佐藤選手は自己ベストを出し、来年へ向けての足掛かりとなったようです。

〔記 録〕      
  ユース800m 木伏雄太郎 予選(1分53秒99 1位通過)
決勝(1分53秒23 優勝)
    佐藤 優樹 予選(1分55秒02 2位 予選敗退)
  ジュニア800m 海谷 椋太 予選(1分54秒97 2位 予選敗退)