ニュース

修学旅行レポート


関西・広島

11月17日(土)

関西・広島5日目

大阪城へ

今日は朝から雨。ホテルを予定通り出発しました。大阪城に到着するまで、バスガイドさんから城のことを説明してもらいました。
戦国武将の好きな生徒にとって楽しい時間になったようです。


最後の見学地

雨がだんだん激しくなってきましたが、いよいよ1番楽しみにしていたユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に到着。悪天候に負けず、たくさんのアトラクションを満喫して欲しいと思います。


仙台空港から山形へ

仙台空港に無事到着。
先ほど解散式を行いました。一日中、雨で寒かったですが、体調を崩すことなく山形に帰ることが出来そうです。
バスはここから三方向に分かれての帰宅になります。
ご苦労様でした。


沖縄
11月17日(土)

沖縄5日目

沖縄修学旅行5日目最終日。
朝7時に全員元気に朝食をとりました。ホテルを出発して、これから、沖縄ワールドに行きます。

沖縄ワールドでは、玉泉洞(鍾乳洞)に入り、その後、エイサーショーを見学して昼食。昼食後、那覇空港から14時15分の飛行機で仙台空港に行き学校に戻る予定です。

学校着は、18時30分頃になる見込みです。


「ゆいまーる」

本日のバス、最終日とあって皆元気です。
写真は、この5日間バスで歌った「ゆいまーる」をバスガイドさんと一緒に歌いながら合いの手を入れているところです。
ちなみに、「ゆいまーる」の意味は「助け合い」です。


沖縄最後の見学地「沖縄ワールド」

沖縄最後の見学地である沖縄ワールドに着き、玉泉洞で鍾乳洞に入りました。
自然がつくり出した芸術。「凄い!」の一言。
鍾乳洞を出て歩いていると、白ヘビとの記念撮影場があり、記念写真を撮りました。
その後、エイサーショーを観ました。沖縄独特のリズムに合わせた踊り。迫力満点で大いに盛り上がりました。
これから、昼食をとり那覇空港に向かいます。




那覇空港へ

昼食を終えて、名残惜しいのですが、那覇空港に向かい沖縄を後にします。
この修学旅行中にお世話になったガイドさん、きーちゃんこと(知念妃さん)とドライバーさん(喜友名朝栄さん)に「さようなら」を言って、那覇空港に入ります。


那覇空港に到着

那覇空港に着きました。「まだ帰りたくない」という声がほとんど。
沖縄を満喫したため、名残惜しい生徒がほとんどのようです。
ここで、JTB現地担当の小林さんともお別れです。


無事に仙台空港に着きました

那覇空港で雨と風のためか15分出発が遅れるものの、無事に仙台空港に着きました。これから、バスに乗り仙台から学校に戻ります。学校に着くと修学旅行(沖縄)は、終了です。


修学旅行(沖縄) 無事終了

この修学旅行が無事に終えられたのも、沖縄でお世話になった方々、JTBの西山さん、小林さんなどに支えていただいたおかげだと思います。
また、沖縄修学旅行で学んだことは、戦争の残酷さ、命の大切さ、生きたくても生きられなかった方々の分も精一杯生きる気持ちだと思います。
最後に、沖縄で歌った「ゆいまーる」を忘れずに、ゆいまーる精神(助け合い精神)で今後も生活してほしいと思います。


関西・広島

11月16日(金)

関西・広島4日目

名所巡り、それとも迷所巡り?

今日は天候に恵まれ晴れ。
二条城に到着後、二の丸御殿を見学し、班別自主研修に出発します。各班とも事前に計画してきた行程に沿って行動する予定です。また、ものつくり体験も班別で数珠つくり、ガラス細工、抹茶パフェつくり、抹茶つくりなどの中から一つ行います。

生徒達は16時30分までに京都駅に集合になります。


いよいよ、帰宅準備

不慣れな京都市内を、ガイドブックを頼りに班ごとに移動し16時30分、各班が時間どおりに京都駅に集合完了しました。
充実した時間を過ごすことが出来たようです。

18時30分、ホテル到着。
今日は少し時間に余裕があり、各自部屋で荷物整理や日誌・川柳のまとめ作業になります。


沖縄
11月16日(金)

沖縄4日目

沖縄修学旅行4日目
朝7時に全員元気に朝食をとりました。ホテルにご挨拶してまもなく出発です。
今日は、まず、むら咲むらでキャンドル、万華鏡、時計作りに分かれて体験学習です。
その後、首里城を見学し、ゆいレールに乗って国際通りに行きます。そこでバディ毎の自主研修となる予定です。


体験学習

むら咲むらに到着。これからキャンドル、万華鏡、時計作りに分かれて体験学習です。
その後、首里城を見学し、ゆいレールに乗って国際通りに行きます。そこでバディ毎の自主研修となる予定です。






首里城に到着

首里城に到着。首里城の前で集合写真を撮ってから、城内を見学。これからゆいレールに乗って国際通りに行きます。そこでバディ毎の昼食をとり、その後自主研修です。




最後の宿泊場所「南西観光ホテル」に到着

国際通りでバディ毎自主研修が終わり、ホテルに到着。ホテルは、最後の宿泊場所「南西観光ホテル」で、「奇跡の1マイル」こと国際通りの一番端にあります。
まもなく、沖縄最後の夕食をとり、明日帰る準備をして今日は終了。




グアム
11月15日(木)

グアム5日目最終日

最終日です。4時45分にモーニングコールをセットしてもらい、5時45分にグアム空港に到着しました。さすがに、眠気と出国手続きで長蛇の列をつくっている乗客のなかで、言葉少なくもくもくと行動していました。やっと手続きを終わらせて、7時ぐらいに空港内のフードコートで、最後のグアムの食事を堪能していました。あまりの出国者の多さにより荷物の仕分けが遅れたため、30分ずれ込んだ出発でしたが、機内から見る景色は、雲の上のじゅうたんにいるような心地よさでした。

グアムとは、1時間の時差があるため、仙台空港に到着したのは、12時30分でしたので、急いで時計を直しました。入国手続きは、日本人なので、緊張もほぐれ笑顔で応対していました。無事に仙台空港を出発し、一路学校に向かいました。学校近くになるにつれて、「もう一度、Uターンしてグアムに帰りましょう!」という声が多かったです。

1時半に学校に到着して、解散式を行いました。進行は、晃気君、生徒代表挨拶は、門脇君で、本当に楽しい旅行だったということを強調していました。最後に、この旅行の添乗をしてくださった畠山さんに元気にお礼を述べて、5日間のグアム修学旅行のすべてが終わりました。

こんなに素晴らしい旅行をさせてくださったご両親とご家族の皆さん、いろいろと力を貸してくださった本校の先生方、事務の皆様、本当にありがとうございました。


<写真左:グアム空港にて出国手続き前 写真右:グアム空港にてセキュリティー検査後の朝食>


<写真左:グアム空港にてセキュリティー検査後の朝食2 写真右:仙台空港到着>


<写真左:出迎えの副校長あいさつ 写真右:校長あいさつ>


<写真左:解散式生徒代表門脇君の挨拶が終わったところ 写真右:HISの畠山さんのあいさつ>

関西・広島

11月15日(木)

関西・広島3日目

鹿がお出迎え

ホテルから10分程度で奈良公園に到着。阿吽の呼吸で有名な金剛力士像がお出迎え。東大寺の専門ガイドさん案内のもと大仏殿へと進み、班別に写真撮影。大仏を見学した生徒達は大きさにビックリしていました。


続いて薬師寺へ

平成の大修復で、薬師寺の東塔は見れませんでしたが、ユーモアたっぷりの法話に生徒達はすぐに引き込まれ、楽しみながら薬師寺に関する知識を学ぶことが出来ました。


奈良の世界文化遺産

本日三カ所目の見学地は、法隆寺と夢殿です。天候があまり良くないにも関わらず、頑張って境内を歩き、しっかりガイドさんから法隆寺のことを学びました。これから、温かいうどんを食べに大阪に移動します。


グランド花月へ

少し疲れた体を休めながら大阪に移動しました。午後は楽しみにしていた「よしもと新喜劇」 。テレビで見る有名な芸人さんを間近にして大笑い。あっという間の2時間30分でした。名残惜しいですがこれからWTCコスモタワーに向います。


夜景と共に食事

WTCコスモタワーに到着。48階地上200Mのところでバイキング。
生徒達はこころゆくまで食事をし、その後少しの時間、夜景をバックに写真撮影を楽しみました。


グアム
11月14日(水)

グアム4日目

いよいよ4日目、グアムにとっては、明日は移動のみなので、最終日となりました。生徒たちが、心待ちにしていたビーチアクティビティーです。9時に迎えのバスが来て、身支度万全で出発しました。タモン湾は、空と海の境がわからなくなるぐらいに澄み渡り、海面は、コバルトブルーに輝いていました。快晴で、むし暑さもなく心地よい風にふかれて、各自が事前に申し込んでおいたオプショナルツアーに参加しました。(1)ジェットスキー(2)パラセーリング(3)バナナボート(4)カヌーがあり、歓声をあげて体験していました。待ち時間は、砂浜で、やしの実割りや、ビーチサッカー、ビーチバレー、砂埋め、ハンモックなど、癒しの時を過ごすことができました。4時間ほどグアムの海を堪能して、ホテルに戻りシャワーをあびて、班別自主研修に出かけました。明日は、4時半に起床して、5時半にホテルを出発し、日本へ帰国します。もう少しでこの修学旅行が終わると思うと大変さびしい気もしますが、今回の旅行の思い出は、全員の心に永遠に残るでしょう。


<写真左:カヌー 写真右:あまり人のいないところで魚探し>


<写真左:砂埋め 写真右:オーシャンジェットクラブのスタッフと>


<写真左:ジェットスキー体験前の記念撮影 写真右:バナナボート、いざ出発>


<写真左:生徒が浜辺に記したもの 写真右:遠浅の海で校長と女子3名>

沖縄
11月15日(木)

沖縄3日目

天気は、曇りのち晴れ
気温22度

今日は、待ちに待った沖縄の海体験の日。やや風が強いのか、波が高いようです。午前中、シーカヤック体験、午後からは、ダイビングやシュノーケル、ガラス細工づくりに分かれて体験を行う予定です。

エメラルドグリーンの海を待ち望んで今朝を迎えたからか、朝から皆テンション高めです。
しかしながら、波が高いとアクティビティーができません。と心配していたら、Goサインがでました。これから、徒歩でビーチに移動。説明を聞いて、いざ出陣!


シーカヤックをしました

エメラルドグリーンの海でシーカヤックをしました。イメージと違い、体制が辛くて体が痛いです。 これから、昼食のカレーバイキングです!




かりゆしビーチと瀬底ビーチ


午後からは、かりゆしビーチと瀬底ビーチでダイビング、シュノーケル、ドラゴンボート体験または、硝子細工作りに分かれます。
やや風がありますが、あったかいです。皆、張り切って行きましょう!

かりゆしビーチは、ダイビングの説明を聞いて練習してから、出発です。その間に別の体験組は、ジェットスキー体験です。




ダイビングが終了


かりゆしビーチでは、ダイビングが終了。ダイビング体験は、楽しくできた人と思うようにいかない不安と波の恐さで撃沈した人に分かれたようです。次は、ドラゴンボートです。


アクティビティー体験、硝子細工体験が終了


瀬底ビーチ、かりゆしビーチでのアクティビティー体験、硝子細工体験が終了。皆、様々な体験ができて、大いに楽しみました。まもなく夕食です。今日は、デザートにケーキがでています。食事して部屋で今日のまとめをして、本日終了。

明日は、むら咲むらで物作り体験をして、首里城を見学し、その後ゆいレールに乗って国際通りに行きます。そこでバディ毎の自主研修となる予定です。


グアム
11月14日(水)

グアム3日目

3日目も、6時半に起床して、バイキングの朝食を食べ緊張の面持ちで交流会場のサイモンAサンチェズ高校に向いました。玄関前の通路でサンチェズ高校の生徒と初対面です。メールをかわした仲とはいえ、お互いにたどたどしい英語と日本語が飛び交っていました。オープニングセレモニーでは、校長先生の流暢な英語と殿岡君の堂々としたスピーチに一気に距離が短くなったようです。ペアの生徒同士でチャチャダンスや授業見学をして、交流を深めました。今年のサンチェズ高校の学校テーマは、『絆』ということで、東日本大震災のボランテイアにも行かれたようです。そこで、本校の生徒が各教室に『絆』という字をペイントしました。その後、花笠踊りの披露と、ペア生徒と一緒に踊り最高の 盛り上がりになりました。ともにランチを食べ、綱引き、フラフープリレーを行い、クロージングセレモニーをやりました。佐藤純平君のなめらかな英語で、さわやかに締めくくってくれました。そして、おおとりは、野球部と正木さんの「RED SUN」のリズミカルなダンスでした。どのペアも最後の最後まで別れを惜しんでいました。

サンチェズ高校を後にして、恋人岬に向かいました。今日は、朝からスコールもなく最高の快晴でしたので、海の色や空の色、その全てが美しかったです。すばらしいロケーションの下で、写真をたくさん撮り、アプガン砦でも、大砲を囲んで戦争の傷跡と人々の生きてきた歴史を考えました。

夕食は、フィッシュアイでポリネシアンショーを観賞してのバイキングデイナーです。寿司やパエリアなど多種の料理とデザートをいただきました。ショーは、激しい民族舞踊でしたが、飛び入りコーナーでは、洸大君、北野君、正木さん、松島君が物怖じせずに素敵なダンスを見せてくれました。そして、最大の見せ場であるファイヤーダンスショーでは、松島君がダンサーとともに、たいまつの火を使って会場全体を盛り上げ、体をはった体験をしてくれました。

またまた盛りだくさんの思い出深い一日になりました。




関西・広島

11月14日(水)

関西・広島2日目

広島平和記念公園で平和学習

午前中、バスガイドさんの説明を聞きながら「原爆ドーム」の前で集合写真を撮り、「原爆の子の像」の前で平和セレモニーを行いました。

セレモニーは江口くんの進行のもと、丹野くんが平和宣言文を読み上げ、森谷さんが千羽鶴を奉納し、最後に黙祷を捧げご冥福をお祈りしました。


葉佐井さんの被爆体験講話

セレモニーの後、記念資料館のホールで講師の葉佐井博巳(はさいひろみ)さんに、当時の体験談と広島の様子、核兵器の恐ろしさについてお話ししていただきました。

その中でも葉佐井さんは、生徒達にむけて
「一人を殺したら殺人」
「14万人を殺したら英雄」
「平和の為に殺してもいいんですか?」
「戦争をがまんしてがまんして平和にするのです」
など、熱く語りかけてくださいました。
生徒達は、あらためて戦争の悲惨さと平和の尊さを学ぶことが出来ました。


広島から京都へ

14時32分京都駅に到着。
バスに乗り換え、これから金閣寺に向います。京都の天気は雨時々晴れ。金閣寺に到着したとき、ちょうどいいタイミングで光が差し込み、生徒達も想像以上の輝きに驚いていました。


今日最後の見学地

16時20分金閣寺を予定通り出発し清水寺に到着。参道の途中にある「順正」で夕食(すき焼き)を満喫し、清水寺を拝観しました。ライトアップされた夜景を見て幻想的な雰囲気を楽しんで過ごしました。


沖縄
11月14日(水)

沖縄2日目

沖縄修学旅行2日目。

朝7時に全員元気に朝食をとりました。

今日は、山形の塔、白梅の塔、ひめゆりの塔、平和公園、摩文仁の丘にいき平和学習をして、その後、美ら海水族館に行き沖縄の海について学習する予定です。


山形の塔、白梅の塔

とても良い天気、良い気候のなか、山形の塔では慰霊のセレモニーを行いました。

その中の平和宣言では、残酷で悲惨な戦争を繰り返さず、平和な世界にするための努力を誓いました。その後、千羽鶴を奉納し、全員で黙祷をしました。




平和祈念公園

平和祈念公園に着き、平和の礎、摩文仁の丘へと平和ガイドさんに案内をしていただきました。

その後、バス号車ごとの集合写真を撮り、資料館で自由行動。
まもなく、ひめゆりの塔に移動です。




ひめゆりの塔

ひめゆりの塔では千羽鶴奉納の後、黙祷を捧げました。資料館見学で学んだことは、戦争の悲惨さは勿論なのだか、それ以上に何故、このような若い方々が死ななければならなかったのか。資料館に「太陽の下を大手を振って歩きたい」と書いてありました。皆、生きたかったのに何故このようなことになったのか。戦争と当時の教育に様々なことを感じた。


ひめゆりの塔を出発して美ら海水族館へ

美ら海水族館がある沖縄海洋博公園に着きました。到着して、号車ごとに写真撮影。その後、水族館を中心にイルカのオキちゃんショーを楽しみました。ショーを観てからは、この水族館、公園内でバディごとの自主研修。

水族館の「黒潮の海」大水槽は凄い。マンタやジンベイザメの迫力が伝わってきます。 平和学習が一旦終わり、各自楽しんでます。




リゾートホテル(かりゆしビーチオーシャンスパ)へ

美ら海水族館を出発してリゾートホテル(かりゆしビーチオーシャンスパ)へ
ホテルに着きました。到着して、夕食をとり、各自で今日のまとめをして就寝。明日は、皆が楽しみにしているマリンスポーツや自然体験があります。2日目は、これで終了。




夕食会場にてサプライズ

終了と思っていたら、夕食会場にてサプライズ。
なんと、JTB添乗員の方から、この修学旅行中に誕生日がくる、鈴木俊哉君と佐藤美夢さんにバースデーケーキのプレゼント。皆で祝福しました。


グアム
11月13日(火)

グアム2日目

2日目は、いよいよ平和学習です。グアムのトレッキングの第一人者であるケン芳賀さんのコーディネートにより、太平洋戦争の戦跡めぐりを行いました。70年前の戦争の跡が、現在もそのままの姿で残っており、海軍指令壕、大勢の日本兵やチョモロ人が犠牲になったアサンで、千羽鶴と花を心をこめて捧げました。平和宣言は、朝倉君が読みあげましたが、祖先の功績を称え今の自分たちの幸せに感謝しながら、これからも努力を重ねていくことを宣言しました。そして、全員で声高らかにグアム島歌を歌いました。途中、スコールにあい、ドロドロになりながらも、ケン芳賀さんの戦争の真実を語る姿にひきこまれて、最後まで真剣に聞き入りました、これからの生徒たちの生きる力の一つになったと言っても過言ではありません。本当に貴重な体験をさせていただきました。




真剣な平和学習の合間に、ケン芳賀さんの優しい人柄にたくさん触れることができました。ガーンポイントでは、澄み切った海水に生息している、かに、やどかり、いもりと戯れたり、椰子の実割りに夢中になっていました。昼食は、チョモロ人だけが普段行く人気のレストランで、中華とベトナム料理の折衷した固焼きそばや酢豚など食べました、味は日本人好みの美味なものでした。そこで、サプライズがありました。なんと、今日は岩城さんの誕生日だったのです。ケン芳賀さんから美味しそうなケーキのプレゼントもあり、全員でハッピーバースデーの歌で祝いました。

その後、今まで一度も修学旅行の生徒が立ち入ったことがないC級戦犯の絞首刑を行った地を訪れ、献花を行いました。一人の日本人が多くの命を救うために、一人で全ての責任をかぶって死んでいく日本人魂に触れ、心が熱くなりました。予定した時間を大幅に上回ってガイドしていただいたケン芳賀さんと別れを惜しみました。

夕食は、浜辺のレストランでセイルズバーベキューでした。日本では、絶対にお目にかかれないようなビッグサイズの肉にかぶりついていましたが、とてもとても完食できませんでした。しかし、全員満足な笑顔で2日目を終えることができました。



沖縄
11月13日(火)

沖縄1日目

皆、元気に登校し、出発式を終えて、8時30分に出発しました。

写真は、出発の様子です。順に1号車2号車


仙台空港離陸

沖縄コース教員3人生徒59人、全員揃って学校を8時30分出発。10:00に仙台空港到着。11時55分に仙台空港を離陸し、那覇空港には15:20に到着します。

1・2日目は平和学習の行程。今日は「轟壕」に行きガマ体験と、夜に吉嶺全一さんから平和講演をしていただく予定です。


もうすぐ仙台空港を離陸します。機内で昼食の弁当をとりながら移動します。
沖縄の天気は雲ときどき晴れ、最高気温は23度の予報です。


沖縄到着。轟壕へ

1日目、唯一の見学地になります。壕に到着して、平和ガイドさんの説明を聞き壕に入りました。壕内は薄暗い上に、とても蒸し暑かったです。

壕で学んだことは、戦争が一番残酷なことと、光は平和の象徴だということ。
これからホテルに向かいます。


吉嶺さんを迎えて平和講話

那覇市内のホテルに入り、美味しい夕食を済ませました。

その後、講師に吉嶺全一さんを招いて、沖縄戦における実体験から平和の願いまで私たちの心に染みるお話をしていただきました。話の中で摩文仁の丘は、「沖縄戦の墓場」や「戦争は人間の感覚を狂わせる(殺人鬼に)」という言葉に戦争の奥深い悲惨さを感じました。

吉嶺さんの話を頭に入れながら、明日の平和学習に参加したいと思います。




関西・広島
11月13日(火)

関西・広島1日目

6時00分に出発式を終え、104名、全員揃って新幹線への乗車を完了しました。

6時25分山形駅を出発し、東京駅には9時12分に到着予定です。今日は広島まで移動するので大変ですが、元気に行ってきます。


元気に乗り換え

朝早い出発にも関わらず元気に乗り換え。
車内で昼食の弁当をとりながら移動しています。


本日最初の見学地

14時に広島に到着、フェリーで宮島にわたり、参道の途中で鹿に歓迎されなから、バス号車ごとに写真撮影。その後、厳島神社を参拝しました。

ホテル到着し夕食後は、4日目に企画されている班別自主研修の質問コーナーを開催しました。より良い時間が過ごせるように各班ごと最終確認を行いました。


グアム
11月12日(月)

グアム1日目

山形高校のグアム隊は、仙台空港の出発便の都合で、他のコースより一日早く修学旅行に出発しました。8時学校集合で、総勢40名、島津君が元気に挨拶しました。

仙台空港に10時に到着しましたが、震災の復興が進んでいたもののまだまだ傷跡が生々しく残っていました。無事に出国手続きを終え、11時55分に離陸して、15時20分(グアム時間16時20分)に到着して、緊張の面持ちで入国審査を全員無事に通過できました。暑い夏を体中で感じながら、ホテルに到着しました。途中、すさまじいスコールに遭い、グアムの洗礼を受けました。

夕食は、バイキングでしたが、すべてダイナミックで特に肉とケーキが美味で、歓声をあげていました。夜は、交流会の花笠作りに励んで、ぐっすり眠れそうです。