ニュース

第53回山形県冬季ロードレース大会にて、高校男子の部で団体優勝、一般・高校男子の部で吉田楓選手が優勝しました

1月27日(日)上山-山形間で争われる山形県冬季ロードレースが行われ、本校男子陸上競技部が高校男子の部で団体優勝。個人では一般・高校男子の部に出場した吉田楓選手が優勝。昨年に引き続き2連覇を達成しました。応援していただいた皆さんありがとうございました。

当日は、前日までの悪天候が晴天に変わりコンディションも良くなりました。250名が参加した一般・高校男子の部(10㎞)では、吉田楓選手が7km地点で集団から抜け出し、一般選手を振り切って独走優勝を果たしました。また、チーム上位5名(吉田楓選手、渡邉貴選手、渋谷晃輝選手、荒木瞭一選手、荒井大輝選手)の合計タイムで争われる高校男子団体の部では、大会新記録をマークして優勝し、今回で11連覇を達成しました。

【吉田楓選手のコメント】
高校三年間の最後のレースで楽しむという気持ちで臨みました。その中で一般の選手を振り切っての優勝ができ、楽しみながら走ることができたので良かったです。三年間、全国大会ではなかなか活躍することができませんでした。春からは明治大学に進学予定です。強くて厳しい環境で練習できるという利点を生かして、個人、団体でともに結果を残し、これまで支えてくれた両親に恩返ししたいです。