ニュース

2014年度 始業式・新任式を行いました

4月4日(金)の始業式にて、本校の2014年度が始まりました。

阿部吉宏学校長の話では、全校生に向けて午年にちなんで、正午の由来を話されました。「一日のなかでも午の刻が、昼食を摂って気が緩むと感じます。午年とはいえ今年度は緩みの無いよう、更なる高みを目指して精進しましょう。」新3年生には、進路達成の年度ということで、高校の出口は新しいステージへの入り口であり、その連続性を意識して全ての面で、全力で取り組むことの大切さを説かれました。新2年生には、新入生を迎えるにあたって、主体性をもって何事にも全力で取り組み、よき先輩として、3年生をサポートするよき後輩として活躍することを要求しました。

続いて新任式を行い、新たに糸井貴子先生、邉見唯先生、丹野隆淑先生、姉崎祐一先生をお迎えしました。糸井先生は、進路事務として3年生の進路面の指導と、女子バスケットボール部の顧問として活躍が期待されます。邉見先生は国語の先生で、本校生の良いところとして「溌剌としたあいさつ」を挙げられました。丹野先生は英語科で、昨年度まで中学校で教鞭をとられていた経験豊富な先生です。「新年度早々、『野球部の立ち留まっての挨拶』『トイレが綺麗に保たれている』『職員室から出るときにお先にどうぞという振る舞い』の3つの良い出会いを経験しました。とお褒めの言葉を頂きました。姉崎先生は数学の先生です。「これから授業で真剣に数学の楽しさを学んでいきましょう。」と全校生徒に呼びかけられました。

最後に、昨年度の「年間皆勤賞」と「東日本高等学校女子ソフトボール大会」の表彰が行われ、新3年生は61名、新2年生は50名の年間皆勤の生徒と、ソフトボール部が表彰を受けました。

明日4月5日(土)は、入学式になります。