ニュース

成沢城址にて校外授業(3年日本史)を行いました

3年日本史の授業において、本校近くの「成沢城址」にて授業を行いました。日本史を担当している清野春樹先生が、生徒を引率し、実際に成沢城址(現成沢八幡神社)にて、瀧山信仰から端を発した神社の変遷や石鳥居の歴史、前九年の役、直江兼続のTVドラマで脚光を浴びた長谷堂城と成沢城との関係などを説明、生徒との質疑応答の時間をとり、問答形式の授業を展開しました。

生徒は、熊野神社と八幡神社の違いや、城跡からの眺望に関する疑問、長谷堂の戦いについての疑問を清野先生にぶつけて、活気ある授業になりました。

清野先生は、本校近くに点在する史跡散策を取り入れた授業に長年取り組み、ご自身も瀧山信仰に関して調査し、それについてまとめた「瀧山と恥川の秘密」を執筆され、県内各書店店頭に並んでいます。興味のある方は是非手に取ってみてください。