学園オリンピックって何?

「学園オリンピック」は東海大学の一貫教育プログラムのひとつで、中学生や高校生の才能を早期に見出し、それらをさらに伸ばすことを目的としています。
国語、数学、理科、英語、造形、音楽、スポーツ、知的財産、ディベートの各部門に分かれていて、東海大学の6つの付属中学校と、14の付属高校から、各部門で事前に選抜された生徒が参加できます。東海大学嬬恋高原研修センター等で開催される「夏季セミナー」では、全国各地の生徒達が一同に会し、各部門ごとに日頃の成果を競い合います。また、付属高校や東海大学の先生の指導のもと、一歩進んだ学問のおもしろさを体験します。

学園オリンピックの歴史

学園オリンピックは、スポーツ大会から始まりました。1991年に文化部門として数学部門がスタート。さらに翌年に英語、造形、音楽部門などもスタートし、徐々に拡大。2004年には知的財産部門、2006年にはディベート部門が新しく作られ、9部門に分かれたプログラムになりました。

成績次第でひらける東海大学への優先入学

学園オリンピックに参加し、スポーツ大会を除く各部門で優秀な成績を修めた場合、東海大学の特別奨励入学制度による、優先入学資格を得ることができます(ただし医学部を除きます)。