ニュース

第37回全国高等学校柔道選手権山形県予選にて本校男子柔道部が準優勝に輝きました



11月22日(土)・23日(日)、山形県体育館にて第37回全国高等学校柔道選手権山形県予選大会が実施されました。応援していただいた皆さんありがとうございました。

初日は個人戦が行われ、男子73㎏級に出場した鎌倉司選手が準決勝まで順当に勝ち上がり、決勝戦でも危なげなく山形工業高校の選手を破り優勝を収めました。また、男子81㎏級に出場した齋藤悠斗選手も自分の力を十分発揮し決勝戦へと駒を進め、決勝戦では前回の新人戦県大会で敗れた羽黒高校の選手を見事に破り優勝することができました。男子60kg級に出場した森下勇斗選手も優勝が期待されましたが、健闘及ばず残念ながら準優勝に終わりました。

翌日に団体戦が行われ、2回戦からの登場となった本校は2回戦を完勝し、日大山形高校との3回戦も相手の先鋒から副将までを打ち破った先鋒の鎌倉司選手が大将戦を引き分け、勝利を収めました。準決勝では羽黒高校との対戦となり、予想通り苦戦を強いられました。先鋒の齋藤悠斗選手が相手の先鋒・次鋒を破り、中堅戦を引き分け、さらに次鋒の海野静哉選手が副将に一本勝ちし有利な試合展開にしたものの、相手の大将に立て続けに敗北を喫し大将戦まで持ち込まれました。大将戦を制し、何とか勝利することができましたが、決勝戦での山形工業高校との重量戦では力尽き、準優勝に終わりました。

これから、来年3月20日(金)・21日(土)に行われる全国大会に向けて、日々の練習に励みますので、応援よろしくお願いします。