ニュース

第3回市民講座「OB40年生の建築夢物語~手で考えながらの落描き人生!?~」を実施ました



今年度第3回目の市民講座「OB40年生の建築夢物語~手で考えながらの落描き人生!?~」が10月3日(土)に行われました。今回は(有)アトリエ一級建築士事務所代表取締役の瀬野和広先生を講師にお招きし、一般の聴講生の皆さんと全校生徒にむけて講演をいただきました。瀬野先生は、1976年に一橋商業高等学校(現・東海大山形)を卒業し、1978年東京デザイナー学院スペースデザイン科を卒業されました。大成建築設計本部などを経て、1988年設計アトリエ一級建築士事務所開設された、本校OBであります。ABC朝日放送「大改造!! 劇的ビフォーアフター」の匠(7回出演)としてお馴染みの方も多いのではないでしょうか。2012年にはビフォーアフター大賞2012も受賞されています。

   

冒頭、「厳しい指導がされていて規律があること」「あいさつを先にされたこと」をこの日の朝、本校生徒と接して感じたこと、嬉しかったこととしてあげてくださいました。瀬野先生ご自身が高校時代も生徒指導が厳しくかったらしく、「その指導のお陰で、現在の自分がある。皆さんもこの学校に誇りをもってほしい。」と全校生徒に呼びかけました。内容は、瀬野先生が高校時代の話から始まり、普段から意識している「(落描きして)手で考える」の実例をスライドで紹介してくださいました。

質疑応答の時間では、生徒からの「発想力はどうやったら身に付きますか?」との質問に、ご自身が使用しているノートを見せてくださり、「発想力はいつ何時湧いてくるか分からないので、思いついた時にイメージを落描きして、手で考える癖を身に付けたから、私は発想力が着いたのだと思います。ですから皆さんにも『描く』ことで手で考えることを意識してみてはどうでしょうか。」と答えてくださいました。

第4回市民講座は、11月21日(土)10:00~12:00「パソコン教室~Word2010で年賀状にチャレンジ!!~」になります。多数の参加をお待ちしております。

第4回市民講座ご案内はこちら