ニュース

2016年度 修了式 離任式を行いました

 3月18日(土)本校体育館にて2016年度修了式を行い、今年度の学習を修めました。翌日3月19日(日)から4月6日(木)まで春季休業に入ります。

 阿部吉宏校長の講話では、「この3月は、草木がだんだん生い茂るという時期のため弥生といいます。私たちも、この一年間で経験したことを糧にして、新年度に向けた準備をだんだんと始めましょう。新年度は更に心身ともにタフになって、更なる高みを目指して精進しましょう。」と全校生徒にむけて激励されました。

 その後は、全日本アンサンブルコンテスト東北大会の表彰が行われました。本校吹奏楽部のフルート四重奏が東北大会において銅賞を受賞しました。

 引き続いて今年度で退職される和田修先生、山口宏光先生、今野和章先生、仲野逸郎先生、姉﨑祐一先生、伊藤杏美先生、奈良旬平先生、塩田大先生の離任式が行われました。和田修先生は昭和49年度からこれまで42年間英語科の教諭として活躍、本校英語教育の礎を築いていただきました。山口宏光先生は昭和56年度からこれまで38年間国語科の教諭として活躍され、最近では教務部主任として本校教育活動を支えていただきました。今野和章先生は19年間英語科の教諭として、また教頭教職員集団を牽引していただきました。仲野逸郎先生は7年間英語科の非常勤講師として活躍され、愛くるしいその風貌は生徒から愛されました。姉﨑祐一先生は3年間数学科の非常勤講師として活躍され、分かりやすいと大評判でした。伊藤杏美先生は、2年間養護教諭として生徒はもちろんのこと教職員の健康管理にご尽力くださいました。奈良旬平先生は2年間理科(物理)の非常勤講師として若さが満ち溢れる授業を展開してくださいました。挨拶のあとは生徒会から花束を贈呈し、離任される先生方の退場の際には、体育館が割れんばかりの大きな拍手で恩返しをしました。