イベント

修学旅行台湾コース《全行程》

11月12日(火)【1日目】

5時40分
山形駅集合

 
11時45分
大移動!
山形駅からバスで仙台駅へ。
新幹線で東京駅へ。
山手線に乗り換え、モノレール、そして羽田空港へ。
全員が、無事に搭乗手続き完了しました。

 
16時16分
到着しました。台湾!
最初は龍山寺の見学へ。
おみくじよりも、お守りの購入に必死な生徒諸君。
恋愛やら勉学やら、それぞれの願いが叶うようにと懸命になっていました。

 
夕食は台湾料理を。
どのテーブルも最高の食べっぷり。
女子も含めて、綺麗に食べきりました。

 
続いて「士林夜市」へ。
夜の屋台を散策して、それぞれのバディで興味のある店を覗いてきました。
中には、土産を買ってみたり、夕食後のデザートを食べてみたり。

 
 

11月13日(水)【2日目】

大同高級中学で学校交流!
広大な敷地の中に進むと、現地の学生さんが盛大に出迎えてくださいました。ペアを組んで、この後は様々なイベントを楽しんでいきます!

 
お互いの学校を紹介。
本校からは、代表として、相沢駿斗くんが発表してくれました。新しくなった学校や、学校内外で活動する様子などをスライドで説明。とても流暢な英語でスピーチしてくれました。

 
プレゼント交換のあと、大同高級中学から歌の披露がありました。最後は全員で大合唱!
本校からは、花笠音頭を披露してきました!


 
クイズゲームや会話を通して、親睦を深めることができました。
最初は緊張していた様子の生徒たちも、時間が経つにつれ打ち解けていきました。最後は昼食をご馳走になりながら、楽しい時間を共有しました。

 
予定を変更して「忠烈祠(ちゅうれつし)」へ!ここでは、衛兵の交代式を見られるタイミングがあるのです。
微動だにしない立ち姿。ビシッと揃った歩き姿。日本では見られない光景です。
ちなみに、地面に伸びる茶色のラインは、衛兵さんたちの長年積み重ねた足跡が残ったものだそうです。

 
「故宮博物院」
事前学習で少し調べていたものの、やはり本物は違って見えました。ガイドさんの説明もあり、自分達だけでは知ることができなかったであろう情報を、数え切れないほど得られました。
やはり、目玉の一つ「翠玉白菜」には、誰もが釘付けとなりました!

 
台湾に来た日本人なら、誰もが行ってみたい場所と言えば「九份」でしょう。「千と千尋の神隠し」の舞台とも言われる景色。
中でも夕暮れ時からの景色は圧巻でした!


 
本日の夕食は「小籠包」です!
ガイドさんの説明によると、なんとミシュラン1つ星の店だとのこと。
前日から楽しみにしていた様々な種類の小籠包、蒸し餃子などを戴き、舌鼓を打ちました。

 
 

11月14日(木)【3日目】

本日は「総統府」へ出発!
厳重な警備を通過して、中へ入って見学もしてきました。
台湾の歴史を学び、日本との関わりを知り、深い繋がりがあるということを再確認しました。
説明してくださった方も、日本の統治下にあった時代に言葉を学んだそうで、非常に流暢な日本語で詳しく教えていただきました。

 
本日は自主研修の日程が組まれていました。
もちろん、バディによって行き先は様々で、予定通りに進めなかった点もあったようですが、それも含めて貴重な時間を過ごせたようです。
台湾で最も高い建物「台北101」の高さは圧巻でした。「中正紀念堂」は、残念ながら中を見ることはできませんでしたが、やはり大きさが桁外れでした。

 
最後の夕食は「四川料理」です!
ちょっと辛めの麻婆豆腐など、次々とテーブルに並ぶ料理は、台湾ならではのもの。
この修学旅行を通じて、台湾を味わい尽くしました!

 
 

11月15日(金)【4日目】

お世話になったホテルに別れを告げ、いよいよ日本へ出発です。
朝の4:30に起床。
全員が、無事に空港へ到着しました。
最後、空港での手続きまでお世話してくださった、ガイドの「林さん」「江さん」へのお礼を、田中笑梨さんが代表で述べました。

 
飛行機で、あとは日本に帰るのみ!
早朝の出発だったものの、全員がしっかり乗り込みました。

 
あっという間に羽田空港に到着。
ちなみに時差は1時間。
現地時間7:30に台北発→日本時間11:15に羽田着。
でも実際に飛行機に乗っていたのは3時間程度。
〈モノレール→山手線→新幹線つばさ〉と乗り継ぎ、ようやく山形に到着です。