コース説明

学校案内

本校の教育

  • 1.現代文明論を中心とした教育を行い、知識だけの詰め込みではなく、総合的に社会貢献が出来る力を養成します。
  • 2.二学期制度で、前期(4月ー9月)と後期(10月ー3月)に単位を修得する科目もあります。
  • 3.特進・総合進学・総合学習の3つのコースがあり、コース毎に類型で学習目的を明確にします。
  • 4.1年次は必修・基礎科目を学習し、3年生から類型別の学習を行います。
  • 5.2年に進級する時に、コースの変更が可能です。
  • 6.クラブ活動と学習活動を両立出来るように工夫しています。
  • 7.特に特進・総合進学コースは、進路にあわせた個人指導を大切にします。
  • 8.就職のためのキャリア教育も体験学習を中心に、充実しています。

二学期制の特色

特進コース

国公立大学や難関私立大学をめざし、一般受験で大学進学する力を身につけるコースです。
・自主的な問題解決能力を高めるとともに、受験を乗り越える「競争する力」を養います。
・きめ細かな受験情報の提供、学力診断など個に応じた進路・学習指導の中で、1日7~8時間授業・放課後学習会・校外模試・サマースクールなど、徹底した進学指導を行います。

一週間の授業配分


※LHRの一部で現代文明論を実施

総合進学コース

東海大学をはじめ大学進学に必要な力を身につけるコースです。
・さまざまな分野へ興味・関心を高め、それを探求する「科学する力」を養います。
・主要5教科をバランスよく学習し、学園オリンピック・学部学科説明会・オープンキャンパスなど東海大学の機関を活用した行事に積極的に参加します。

一週間の授業配分


※LHRの一部で現代文明論を実施

総合学習コース

自己の興味・関心を引き出し、発展させる力を身につけるコースです。
・基礎学力の定着をはかり、学び深める楽しさを体験し、生涯を通して「学ぶ力」を養います。
・人間力探究科の情報ビジネス・自然・福祉・スポーツの中から1つを選択し、第2学年で6時間、第3学年で4時間の学習を行います。
検定・資格取得への積極的な挑戦を行い、卒業研究に取り組みます。

一週間の授業配分


※LHRの一部で現代文明論を実施

第2学年から4つの選択科目があります。

生徒の興味・関心に合わせ4つの科目から自由に選択できます。

情報ビジネス

ビジネス活動に必要な情報を合理的・能率的に処理するための知識と技術を習得します。ワープロ・情報処理・簿記・計算実務などの検定試験にチャレンジし、資格取得を目指します。

自然

「食・環境・いのち」についての学習をします。学校外の多くの方からの講話や指導を受けます。実際にフィールドに出て、森林環境についての体験や牧場での体験・いのちの教育にも取り組みます。3年生になれば、各自のテーマで卒業研究やTOKAIファームでの夏野菜作りにも取り組みます。

福祉

介護職員初任者研修の資格取得を目指し、老人・福祉施設などでの実習をします。また、盲導犬募金・薬物乱用防止・障がい者スポーツ大会などでのボランティア等を通して、福祉の実践的な知識と技能を体得します。さらに、福祉住環境コーディネーター2級の資格取得を目指します。

スポーツ

スポーツの特性を理解するとともに、健康を維持するための効果的な運動法について学びます。また、普段の体育の授業で体験できない競技種目を中心に、校外へも積極的に活動の場を広げ、スポーツの楽しさについても学びます。さらに、それぞれのテーマで卒業研究をまとめ、健康・スポーツについて深く学びます。
拡大図(PDF:182KB)

アニメーション

この科目では、アニメ制作プロダクション『テレコム・アニメーションフィルム』などの協力のもと、アニメーションを通して『ものづくり』の本質について学びます。具体的には、作画だけでなくストップモーション(コマ撮り)といったアニメーションの表現手法も用いて、2年生ではアニメーションの考え方や仕組みなどのアニメーションの原理について学び、3年生では実際に作品を制作して発表を行います。「ものづくりへの挑戦から感動体験へ」をコンセプトに日本で初めてのアニメーション選択科目がスタートします。